更新日:2013年9月29日

「GooglePlayブックスで個人出版」記事を「でんでんコンバーター」でEPUB化して「言い値書店」で販売する実験を開始しました

Google Play ブックスで個人出版

「GooglePlayブックスで個人出版」記事を、計9本書きました。これは実は、ブログに連載した記事をEPUB化して、Pay What You Want (PWYW・言い値販売)モデルで販売する実験プロジェクトの一環でもありました。以下、そのプロセスについて記述しておきます。


GooglePlayブックスで個人出版(8)Google+を活用して書籍のプロモーションをしよう

Google Play ブックスで個人出版

販売が開始できたら、プロモーションをしましょう。GooglePlayブックスはGoogleのサービスなので、上図のようにGoogle+へ投稿した時に特別な表示になります。投稿に[購入]ボタンと[プレビュー]ボタンが付くのです。


GooglePlayブックスで個人出版(7)販売・配信する書籍の情報を登録しよう

Google Play ブックスで個人出版

ここまでのプロセスでひと通り準備ができたので、いよいよ販売・配信する書籍情報の登録作業に移りましょう。[書籍カタログ]メニューから、[書籍を追加]プルダウンの[書籍を追加]をクリックします。


GooglePlayブックスで個人出版(6)販売管轄と通貨換算で初期設定は完了

Google Play ブックスで個人出版

初期設定の最後は、販売管轄と通貨換算です。なお、[アカウントの設定]メニューには、特筆すべき内容はありません。


更新日:2013年9月28日

GooglePlayブックスで個人出版(5)税務情報の送信手続き(W-8BEN)をしよう

Google Play ブックスで個人出版

次に、ペイメントセンターから、税務情報の送信手続きをしましょう。設定のリンクが階層の深いところにあり、非常に見落としやすいです。米国非居住者の場合、免税書類W-8BENを送信しないと、Googleからの入金が米国の源泉徴収で30%差し引かれた額になってしまいます。


GooglePlayブックスで個人出版(4)ペイメントセンターで銀行口座を設定しよう

Google Play ブックスで個人出版

次に、ペイメントセンターで、銀行口座・販売管轄の設定と、米国非居住者用の免税書類W-8BENを送信しましょう。本稿はまず、銀行口座の設定について説明します。なお、ペイメントプロフィールの追加と販売管轄の設定が完了しないと、本を登録しても販売が開始されません。


GooglePlayブックスで個人出版(3)書籍カタログから新しいテンプレートを登録しよう

Google Play ブックスで個人出版

次に、書籍カタログから新しいテンプレートを登録しましょう。


GooglePlayブックスで個人出版(2)まずパートナーセンターへ登録しよう

Google Play ブックスで個人出版

ではまず、パートナーセンターへ登録してみましょう。以降は、以下のような手順になります。


  1. アカウントの詳細の入力と、利用規約の確認
  2. 新しいテンプレートの登録
  3. 支払いプロフィールの追加とW-8BENの送信
  4. 新しい書籍の追加とコンテンツのアップロード

1から3が必要なのは、最初だけです。2冊め以降の登録は、4だけで済みます。


GooglePlayブックスで個人出版(1)条件面やメリット・デメリットについて

Google Play ブックスで個人出版

次に、条件面やメリット・デメリットについてまとめてみます。


GooglePlayブックスで個人出版(0)そもそも Google Play ブックスってなに?

Google Play ブックスで個人出版

2013年9月13日に「Google Playブックス」の販売管理画面「パートナーセンター」がリニューアルされ、メニューが日本語化(一部を除く)されました。登録を試してみたので、やり方についてまとめておきます。


更新日:2013年9月1日

紙の本の流通と、電子の本の流通

写真素材 足成より
画像:写真素材 足成より

制作した「本」は、流通させて1人でも多くの人に読まれることが望まれます。紙の本の流通と、電子の本の流通は、やはり全く異なります。


紙の本と電子の本の複製コストについて


紙の本と電子の本で大きく異なる、複製コストについて。


電子の本の制作と、紙の本の制作の違い

Sony Reader PRS-T2

わざわざ「出版」と「publishing」の違いとか、「本」とはといった、言葉の定義を再確認したのは、「電子の本を出版する」というのはどういうことなのか、「紙の本を出版する」のと何が違うのかを、改めて考えるためです。


そもそも「本」とは何なのか?


マガジン航の「ロンドン・ブックフェア2013」で紹介されていた「独立作家同盟(Alliance of Independent Authors)」は、 既存の出版社に頼らず作家同士が助け合いながらを世に出していく同盟です。

ではそもそも「本」とはどういったものなのでしょう?


「出版」と「publishing」の違い

写真素材 足成より
画像:写真素材 足成より

ここでは言葉の定義について確認しておきます。日本語の「出版」と、英語の「publishing」は、ニュアンスが異なります。


週間人気記事

人気記事(全期間)