NPO法人化1周年を記念して2014年発行の『月刊群雛』電子版をすべて200円(税別)に!

日本独立作家同盟は5月26日、NPO法人化から1周年を迎えました。日頃のご愛顧とご助力に、心より感謝いたします。NPO法人化1周年を記念して、2014年発行の『月刊群雛』電子版をすべて200円(税別)に値下げしました。ぜひこの機会に、過去の『月刊群雛』を振り返ってみてください。

表紙イラストが『別冊群雛』2015年02月発売号に掲載! ── Cotさんインタビュー

『別冊群雛 (GunSu)』2015年02月発売号

『別冊群雛』2015年02月発売号の表紙は、Cotさんの新作イラストです。これはどんな作品なんでしょうか? インタビューをご覧ください。



── まず簡単に自己紹介をお願いします。

 表紙を担当しましたCot(こっと)です。『月刊群雛』2014年05月号以来、2回目の参加となりました。普段はSNSのGoogle+を拠点としてオリジナルイラストを中心に発表しています。
◆Google+:
https://plus.google.com/+CotTheta/


── この作品のテーマを教えて下さい。

 手がけた作品を世に送り出す日は、いつだって特別で、記念すべき日になり得るのでは、という思いがテーマになっています。


── この作品を描いたきっかけを教えて下さい。

 特別号ということで緊張しつつも、自分なりの「記念日」を表現したいという思いで手を挙げました。 
 記念日とは、過去のある1日を起点とするだけではなく、これから迎える1日も起点となり得る、未来に開かれたものであるということ。そして作品が「世に出て行く」様子を自分ならどう描くかという2点を軸として取り組みました。


── この作品はどんな人に見て欲しいですか?

 記念日をお持ちの全ての方へ。


── この作品を描くにはどれくらい時間がかかりましたか?

 実質的な作業時間は6日間です。構想及びラフは1日で終わりましたが、線画と色塗りの段階で様々な資料にあたる必要があったため、ほぼ期日をフルに使っての制作となりました。リアルタッチの鳥を描くのは初の試みでしたので、いつも以上に試行錯誤しています。
 塗りながら頭の中のイメージを固めていくこともしばしばでしたが、私はこれがお絵かきの中で一番大変で、一番楽しい作業ではないかと思っています。


── この作品を描くにあたって影響を受けた作家や作品を教えて下さい。

 群雛をひとつの大きな作品とするなら、群雛そのものに影響を受けています。インディーズ作家さんの創作世界と、外の世界とを繋ぐ窓としての群雛を、作中では1つのコマとして配置しました。空ではハイタカが全てを見守っています。群雛を見守る「鷹」といえば、あの方です(笑)


── 注目している作家がいたら教えてください。

 『月刊群雛』2014年10月号の表紙も手がけた、伊富魚子(いとうこ)さんです。かわいいタッチと安定した画力はぜひ見習っていきたいです。


── 今後の活動予定を教えてください。

 「無いものは創る」という自給自足の精神で、イラスト以外の全く未経験な分野にも挑戦していきたいと思っています。色々と候補はあるのですが、今の時点では未定としておきます。
 最後になりますが、『月刊群雛』1周年、本当におめでとうございます。エネルギー溢れるひとつの作品としての群雛を、コマの縁に座りつつ応援しています。


Cotさんの新作が掲載されている『別冊群雛』2015年02月発売号は、BCCKSではソーシャルDRMのEPUB(およびBCCKS独自形式)とオンデマンド印刷版(紙本)を、楽天Kobo・BOOK☆WALKER・iBooks Store・BookLive!・Reader Store・紀伊國屋書店Kinoppy・ブックパス・eBookJapan・Kindleストアでは電子版を頒布しています。刊行リストまたは下記のリンク先からお求め下さい。誌面は縦書きです。