今週の1位は日本独立作家同盟の『月刊群雛』2015年03月号 ── BWインディーズ週間ランキング(2015年2月27日時点)


BWインディーズ週間ランキング

BOOK☆WALKER「BWインディーズ」作品の週間ランキング(2015年2月27日時点)です。




試し読みや購入は、BOOK☆WALKERのサイトからどうぞ。タイトルまたは書影をクリックすると、詳細ページが開きます。


1位 月刊群雛 (GunSu) 2015年 03月号 ~ インディーズ作家を応援するマガジン ~

月刊群雛 (GunSu) 2015年 03月号 ~ インディーズ作家を応援するマガジン ~
編:鷹野凌 著:神楽坂らせん、芦火屋与太郎、晴海まどか、青海玻洞瑠鯉 他 11人
ジャンル:文芸 雑誌 文芸誌
2015年03月号のゲストは高瀬拓史さん。表紙イラストは長鳥たまさん。新作枠は芦火屋与太郎さんの連載小説(前編)、晴海まどかさんの連載小説(第1回)と合川幸希さんの挿絵コラボ、盛実果子さんの連載小説(前編)、神楽坂らせんさん・青海玻洞瑠鯉さん・王木亡一朗さん・きうりさんの読み切り小説。ほか、既刊再録1点と、参加者へのインタビューを収録。

2位 最近のライトノベル(2014年)

最近のライトノベル(2014年)
著:gurgur717
ジャンル:実用
ライトノベルレビューブログ「この世の全てはこともなし」が執筆した、2014年のライトノベルの概要をまとめてみた作品です。2014年のライトノベルの概要がこの1冊でわかります。

3位 本日は最前線の吉日〈上〉・文庫版

本日は最前線の吉日〈上〉・文庫版
著:鍵っ子
ジャンル:文芸
僕が目を覚ました場所は、精神病院の閉鎖病棟の中だった。--11年間の東京生活を経て、男30歳という節目に旧家の長男として故郷の家を継ぐため断腸の思いで帰郷を決断したものの、着地に失敗して精神病院の閉鎖病棟で3ヶ月間を過ごす羽目になったうつ病患者の入院生活日記(2011年3月分)。文庫版は巻末に図版(書道療法・肉筆ノート)を収録。

4位 藍の炸裂

藍の炸裂
著:不狼児
ジャンル:文芸
サスペンスもない、ミステリーもない、純文学ノワール小説。幼児性愛者で、教師で、人殺しの告白。悔いるふりをしながら自己弁護し、卑下しながらも際限なく他者を罵倒する。人生はゴミ箱の底にある。

5位 あかちゃんうまれた

あかちゃんうまれた
著:森田浩章
ジャンル:文芸
ある日。暇つぶしに江戸川の土手を歩いていると河原で遊ぶ子どもたちの声がきこえました。その子供たちの声を聞いているとき、ふっと、頭の隅から幼かった時代(ころ)がポロッと零れました。ふ~ん、そういえば、あんなこともこんなこともあったな~と思い出に浸っているうちに、こんな話ができました。

6位 血が喚ぶ者 -明日の風に・中世心火編-

血が喚ぶ者 -明日の風に・中世心火編-
著:風城国子智
ジャンル:文芸 ファンタジー
西洋中世風異世界ファンタジー「明日の風に・中世心火編」第一章。家族を亡くし、森に一人暮らす禎理(ていり)は、小さな魔物を捕らえる罠を壊している最中に、近くの大都市天楚(てんそ)を騒がせている『吸血鬼』に襲われる。禎理を助けてくれたのは、魔界の大王を名乗る男と、その妻。彼らと行動を共にするうち、禎理は、自身の弱さと能力に向き合うことになる。

7位 虚の見る夢 -明日の風に・中世心火編-

虚の見る夢 -明日の風に・中世心火編-
著:風城国子智
ジャンル:文芸 ファンタジー
西洋風異世界ファンタジー「明日の風に・中世心火編」第二章。
冒険者となった禎理が暮らす街、天楚。その街の地下で遺跡が発見されるとほぼ同時に、街の人々は悪夢に苛まれるようになった。

8位 君を聴す風 -明日の風に・中世心火編-

君を聴す風 -明日の風に・中世心火編-
著:風城国子智
ジャンル:文芸 ファンタジー
西洋風異世界ファンタジー「明日の風に・中世心火編」第三章。
『忘れていた』記憶が蘇る時、禎理は自身の『行動の理由』を知る。

9位 新しいこころの時代を大開花させる!

新しいこころの時代を大開花させる!
著:天術家 天華とも(ともくん)
ジャンル:文芸占い・風水・スピリチュアル
スピリチュアル界の新人類“ともくん”が放つ渾身の著書シリーズ第1弾発売開始!

新しいこころの時代を大開花させる!スピリチュアル界の新・人・類“ともくん”登場!
彼自身が放つ衝撃の新時代へのエッセイがここに大開花される!
東日本大震災以降のわたしたち日本人がどうやって新しく生まれ変わってゆくのか驚愕の人類新生論を集約!

10位 あなたは傘に入れない

あなたは傘に入れない
著:晴海まどか イラスト:いけぶん
ジャンル:文芸
真面目な海良田南と問題児 浅古啓一。正反対の二人のクラスメイトの秘密を偶然にも知ってしまった俺は、否応なしに彼らが抱える事情に巻き込まれていってしまう。 二人の目的は?そして森の奥で眠る白骨の秘密とは?生と死を見つめるサスペンス文学。