NPO法人化1周年を記念して2014年発行の『月刊群雛』電子版をすべて200円(税別)に!

日本独立作家同盟は5月26日、NPO法人化から1周年を迎えました。日頃のご愛顧とご助力に、心より感謝いたします。NPO法人化1周年を記念して、2014年発行の『月刊群雛』電子版をすべて200円(税別)に値下げしました。ぜひこの機会に、過去の『月刊群雛』を振り返ってみてください。

図説:EPUBファイルをAndroidスマートフォン / タブレットで読む方法(BOOK☆WALKER編)

BOOK☆WALKER

EPUBファイルは、電子の本のフォーマットの一種です。国際標準のオープン規格ですが、まだあまり一般的にはなっていないため、読み方がよくわからないという方が多いと思います。

そこで本稿では、Androidスマートフォン / タブレットでEPUBファイルを読むことができるアプリ「BOOK☆WALKER」の導入方法と、実際にウェブで配布されているEPUBファイルを開く方法について解説します。




画面は、Xperia GX(Android 4.1.2)です。


1.BOOK☆WALKERのインストールと会員登録


(1) BOOK☆WALKERに会員登録する


BOOK☆WALKERアプリでEPUBファイルを開くには、電子書店「BOOK☆WALKER」への会員登録(無料)と、BOOK☆WALKERアプリのインストールおよびログインが必須です。


BOOK☆WALKERトップページ

会員登録は、BOOK☆WALKERウェブサイトの上部にある「無料会員登録」か、アプリ内「ログイン / 新規登録」のメニューから行えます。


新規会員登録

入力必須項目は、メールアドレス、パスワード、性別、生年月日と、それほど多くありません。



(2) BOOK☆WALKERアプリをインストールする


BOOK☆WALKERアプリは、電子書店BOOK☆WALKERが提供している読書用アプリで、「Google Playストア」で無料配布されています。ほとんどのAndroid端末は、初期状態にBOOK☆WALKERが入っていません。下記のリンク先からインストールしてください。




(3) BOOK☆WALKERアプリにログインする


BOOK☆WALKERアプリを開きます。


BOOK☆WALKERアプリを開く

ログインが必要である旨が表示されます。


ログイン必須

フォントは必ずダウンロードしてください。


フォントのダウンロード

フォントのダウンロードが終わり、本棚画面が表示されたら、右下の「設定」をタップします。


設定を開く

「ログイン / 新規登録」を開きます。


ログイン / 新規登録

メールアドレスとパスワードを入力し、ログインします。これでBOOK☆WALKERアプリの準備は完了です。

なお、BOOK☆WALKERアプリの外部ファイル読み込みは、指定フォルダにあるEPUBファイルを開くという仕様になっています。指定フォルダは機種によって異なるので、場所を確認しておきましょう。


ログイン後の設定画面

ログイン後の設定画面から、「追加したEPUBファイル一覧」を開きます。


注意書き

注意書きを読み、「同意して使用する」をタップします。


エラーメッセージ

エラーメッセージが表示されます。「保存先」に書かれている場所を覚えておきましょう。



2.ファイルマネージャーアプリをダウンロード


Android端末の初期状態には、ファイルマネージャーアプリが存在しません。こちらも「Google Playストア」からダウンロードしておきましょう。「tetra filer free」がシンプルかつ軽量で、必要とする権限も最小限(画像/メディア/ファイルへのアクセスと、ショートカットの作成のみ)なので、おすすめです。




3.EPUBファイルをダウンロードする


こちらに、サンプルのEPUBファイルを用意しました。




(1) [サンプルEPUB 無料ダウンロード]ボタンをタップする


GunSu201504sample.epub

このサンプルのファイル名は「GunSu201504sample.epub」です。



(2) ダウンロード完了したらファイルを移動する


ダウンロードが完了すると、上部の通知欄に表示されている[↓]の動きが止まるので、ホーム画面へ戻ります。


ダウンロード完了

なお、ダウンロード中に通知欄を開くと、下図のようにダウンロードの進行状況が分かります。


ダウンロード進行中の通知欄


4.ダウンロードしたファイルを移動する


ダウンロードしたファイルを、BOOK☆WALKERの指定フォルダへ移動するため、ファイルマネージャーアプリを起動します。以下の画面は tetra filer free です。ダウンロードしたファイルは「Download」フォルダに入っている場合が多いと思いますが、見つからない場合は「GunSu201504sample.epub」を検索しましょう。


Download

ファイルをコピーします。 tetra filer free の場合、ファイル名をタップ&ホールド(指先で触れたまましばらく保持)すると、上部に表示されたメニューからコピーできます。


ファイルコピー

先ほど覚えた、BOOK☆WALKERアプリの「保存先」に書かれている場所へ移動し、コピーしたファイルを貼り付けます。Xperia GX の場合は「/mnt/sdcard/Android/data/jp.bookwalker.kreader.android.epub/fires/nondrm」です。


nodrmフォルダ

これで準備完了です。


コピー完了

ホーム画面へ戻り、BOOK☆WALKERアプリを開きます。



4.BOOK☆WALKERを開く


改めて、BOOK☆WALKERアプリの「設定」から「追加したEPUBファイル一覧」を開きます。


ログイン後の設定画面

先ほどコピーしたファイルが一覧に表示されます。タップすると本が開けます。


ファイル一覧

「保存先」のエラーが表示されてしまう場合は、右上のメニューから「保存先変更」します。


保存先変更

一覧の中から、SDカード保存先を指定します。「保存先」のエラーで表示された場所の、冒頭部分を探しましょう。Xperia GXの場合は「/mnt/sdcard」です。「検知できたパス」が、間違っています。


このように、最初の準備にちょっと手間がかかるのと、「ファイルマネージャーアプリでファイルを移動」というのが、BOOK☆WALKERを利用する場合の難点です。


例えば、著作権保護期間切れ文学作品を誰でも自由に読める「青空文庫」の、EPUBファイルを配信しているサイトから、同じやり方で本をダウンロードして読むことができます。ぜひ試してみましょう。



[posted by 群雛ポータル編集部]