NPO法人化1周年を記念して2014年発行の『月刊群雛』電子版をすべて200円(税別)に!

日本独立作家同盟は5月26日、NPO法人化から1周年を迎えました。日頃のご愛顧とご助力に、心より感謝いたします。NPO法人化1周年を記念して、2014年発行の『月刊群雛』電子版をすべて200円(税別)に値下げしました。ぜひこの機会に、過去の『月刊群雛』を振り返ってみてください。

図説:EPUBファイルをWindowsで読む方法(Kinoppy編)

Kinoppy for Windowsデスクトップ版

EPUBファイルは、電子の本のフォーマットの一種です。ただ、まだEPUBは、PDFのように一般的にはなっていないため、読み方がよくわからないという方が多いと思います。

そこで本稿では、Windowsで EPUBファイルを開くことができるアプリ「Kinoppy」の導入方法と、実際にウェブで配布されているEPUBファイル(つまりDRMフリー)を開く方法について解説します。画面はWindows 7のKinoppy for Windowsデスクトップ版アプリです。




1.Kinoppy for Windowsデスクトップ版アプリをダウンロードする


Kinoppy公式サイト(下記リンク先)からダウンロードしてください。右側がデスクトップ版アプリです。




2.Kinoppy for Windowsデスクトップ版アプリをインストールする


ダウンロードしたファイル(インストーラー)「Kinoppy2Setup_xxxxx.exe」を開きます。xはバージョン番号です。


Kinoppy for Windowsデスクトップ版アプリインストーラー

インストーラーを開くとセキュリティの警告が出る場合がありますが、そのまま[実行(R)]をクリックします。


セキュリティの警告

利用規約に目を通し[利用規約に同意します]にチェックを入れて[セットアップ]をクリックします。


と書いても、利用規約を律儀に読む人は少ないでしょう

インストールが始まるので、完了までしばらく待ちます。


インジケーター

「セットアップが完了しました」という表示が出たら、このウィンドウは閉じてしまってOKです。



3.配布されているEPUBファイルをダウンロードする


こちらに、サンプルのEPUBファイルを用意しておきました。




4.Kinoppy for Windowsデスクトップ版アプリを開く


デスクトップにKinoppy for Windowsデスクトップ版アプリのショートカットが作成されているので、開きましょう。


Kinoppy for Windowsデスクトップ版アプリのショートカット

「紀伊國屋書店ウェブストアのアカウントでログインしてください。」という表示が出ますが、[あとで会員登録]をクリックすれば、会員登録せずに利用できます。毎回この画面を見たくない場合は、紀伊國屋書店ウェブストアで会員登録しましょう。


[あとで会員登録]をクリック


5.[インポート]の[ローカルコンテンツ]を開く


本棚左側のメニューにある、[インポート]の[ローカルコンテンツ]を開きます。


[ローカルコンテンツ]を開く

左下の[ローカルファイルのインポート…]をクリックします。


[ローカルファイルのインポート…]をクリック

「電子書籍ファイルを選択してください」というウィンドウが出るので、先ほどダウンロードしたサンプルEPUBを開きます。


サンプルEPUBファイルを開く

ファイルのインポートが終わったら[本棚に戻る]をクリックします。


[本棚に戻る]をクリック

インポートされたEPUBが本棚に表示されるので、ダブルクリックします。


インポートされたEPUBが本棚に表示される

本が開きます(スクリーンショットが禁止されているため、画面をカメラで撮影しました)。


ビューワだけスクリーンショット禁止

ウィンドウの左右端をクリックか、カーソルキー左右でページめくりです。


例えば、著作権保護期間切れ文学作品を誰でも自由に読める「青空文庫」を、EPUB形式で配信しているサイトがあります。同じ要領で、ダウンロードして読むことができます。


http://aozora.wook.jp/
青空文庫 - ePub形式で青空文庫を配信 « wook


[posted by 群雛ポータル編集部]