NPO法人化1周年を記念して2014年発行の『月刊群雛』電子版をすべて200円(税別)に!

日本独立作家同盟は5月26日、NPO法人化から1周年を迎えました。日頃のご愛顧とご助力に、心より感謝いたします。NPO法人化1周年を記念して、2014年発行の『月刊群雛』電子版をすべて200円(税別)に値下げしました。ぜひこの機会に、過去の『月刊群雛』を振り返ってみてください。

表紙イラストが『月刊群雛』2015年11月号に掲載! ── 作品概要・サンプルと魅上満さんインタビュー #群雛

『月刊群雛』2015年11月号

『月刊群雛』2015年11月号の表紙は、魅上満さんのイラストです。これはどんな作品なんでしょうか? 作品概要・サンプルとインタビューをご覧ください。





縦書きで読む



※サンプルEPUBはBCCKSの詳細ページでダウンロードできます。



横書きで読む


作品概要


 『月刊群雛』2015年11月号の表紙です。
 11月と言えば紅葉の見ごろですので、背景で季節感を出しました。もう一つのテーマは群雛の雛から着想した幼さです。
 この女性は実は40代なのですが、とても顔立ちが幼いのです。最も容姿に年齢が出るのは輪郭、首、手などですが、その全てをいかに幼く描けるかに拘って制作しました。

 背景画像は『ソザイング』の写真を利用させて頂きました。
http://sozaing.com/photo/%E8%B5%A4%E3%81%84%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%81%E3%81%A8%E7%B4%85%E8%91%89.html


サンプル


ティザー広告用画像
※ティザー広告用に線画の一部をトリミングしてあります。

アイキャッチ画像
※アイキャッチ画像用に画像の一部をトリミングしてあります。
※背景写真提供:ソザイング


魅上満さんインタビュー


魅上満

── まず簡単に自己紹介をお願いします
 魅上 満(みかみ・みつる)と申します。
 ゲーム原画・ご当地キャラのキャラクターデザイン・イラストレーションなどをやっています。
 326(ナカムラミツル)さんの展覧会『3×2=6 ~19年目の326展~』に、コラボレーション作品を出展しました。

◆代表作:
東京都港湾局様(マスコットキャラクターデザイン・パッケージイラスト)
いわき市様(マスコットキャラクターデザイン・パッケージイラスト)
テレビ東京様(芸能人似顔絵イラスト)
ニコニコ公式チャンネル様(芸能人似顔絵イラスト)
Ustream Asia株式会社様(番組内使用イラスト)
歯科系総合サイト デンタルン様(イラスト素材)
コスプレキングダム実行委員会様(販促グッズイラスト)
つくば兄弟プロジェクト様(キャラクターデザイン・イラスト)
sweetdoctor様(キャラクターイラスト)
年賀状ボックス様(イラスト素材)
スマートフォンアプリ「みんなのONLINE占い」様(マスコットキャラクター・ユーザーアバターデザイン)

◆公式サイト:『イラストレーター 魅上満』
http://mikami326.wix.com/mikami326/
◆Twitter:
https://twitter.com/mikami326/

── この作品を制作したきっかけを教えてください
 以前は、くみさんの小説作品『井の頭cherryblossom~restart~The Blue Marble』の表紙イラストと挿絵を描かせて頂いていました。
 いつか『月刊群雛』の表紙も描いてみたいと思っておりましたところ、有り難いことに今回ご縁がありました。

── この作品の制作にあたって影響を受けた作家や作品を教えてください
 人物/新海誠(しんかい・まこと)監督
 書籍/相貌心理学の本を参考にしました。
・『相貌心理学序説―顔立ちと性格』ルイ コルマン
・『顔判断』須賀哲夫(すが・てつお)
・『顔立ちとパーソナリティ―相貌心理学からみた日本人』須賀哲夫
 よくある「○○診断」というようなものは、ここは当てはまるけど、ここは違うような……? ということがありますよね。
 相貌心理学は一見「こういう顔立ちの人はこういう性格!」という「○○診断」に近いものに見えるのですが、こちらで紹介した書籍を読むと良い意味でゾッとします。
 少なくとも僕と家族の性格について、1から100まで全て完璧に言い当てられてしまいました。

── この作品のターゲットはどんな人ですか
 萌え系が好きな方はもちろん、このインタビューを読んで「40代!?」と思って下さった方もターゲットです(笑)。
 僕は絵の世界では、その人物の中身(性格や心)がそのまま容姿に現れるべきだと思っています。
 様々な好みがあると思いますが、僕の中では幼いことこそ容姿の美しさの基準であるため、この女性は実年齢から見た目年齢を差し引いた分だけ心が綺麗なのだと思います。
 そして「まだ幼さが足りんな……」と思ったあなた、あなたこそが一番のターゲットです。是非、僕に良きアドバイスを下さい!

── この作品の制作にはどれくらい時間がかかりましたか
 線画完成まで2時間程度、彩色や仕上げに8時間弱。

── 作品を制作する上で困っていることは何ですか
 僕自身の好みである幼い顔が可愛いという感覚と、仕事で求められる絵の傾向が同じなのは大変幸いなのですが、幼い顔は普通の顔よりもバランスを取るのが難しいです。
 顔の縦幅が小さいのは幼顔の第一条件ですが、縦幅が狭まるほど左右対称にしづらくなります。左右対称であることは世界的な美の基準でもあるので、ここが崩れては本末転倒です。
 職業病と言いますか、まるで童顔研究者のごとく、日々無意識に目にする顔の全てを幼いかそうでないかで分けていて、幼い顔であった場合は絵の参考にさせて頂いています。
 記号的に縦幅の狭い輪郭、離れた目、鼻と口は小さく、という条件だけでは自分でも納得がいかないことが多く、顔立ちについての考察に役立つ書籍が無いか探したところ、相貌心理学に辿り着きました。
 幼い顔立ちには精神もしっかりと関係していることが分かり、とても作品制作に役立ちましたが、ますます顔立ちについての興味も深くなり……イラストレーターであり続ける限り、ずっと困っていると思います(笑)。

── 注目している作家またはお気に入り作品を教えてください
 浦沢直樹(うらさわ・なおき)さん、326(ナカムラミツル)さん、redjuiceさん。永遠の憧れです。
 浦沢さんの作品で特に気に入っているのは『20世紀少年』の10巻あたりまでの展開です。また、『PLUTO』のゲジヒト刑事のキャラクターデザインが僕はたまらなく好きです。
 「誰も自分が読みたいものを描いてくれないから自分で描いた」とインタビューなどで仰っていたのですが、僕も全く同じことを思っていながら、当然それだけの技術が今はまだありません。
 いつか浦沢さんのような大衆が認める説得力を持って、その台詞を言ってみたいものです。

 326さんの作品は画集やグッズなど、非売品に至るまで、今でも大切にコレクションしています。周囲の同年代に326さんの絵にハマっている人が多く、僕もその一人です。
 去年、ご縁がありコラボレーションさせて頂いたのですが、あれだけの経歴をお持ちでありながら、大変礼儀正しくこちらが恐縮してしまう程優しいお人柄の方でした。
 僕は326さんほどの経歴を持っていたら思い上がった人間になっていたと思うので、作品だけでなく人柄も尊敬する方です。

 redjuiceさんの作品は、色彩の美しさもさることながら全てを通して少女キャラクターの顔立ちが完璧で、目標です。顔に拘る僕が、最も理想的な顔立ちであると思う絵柄です。
 リアル調と萌えの良いとこ取りであることもたまりません。
 絵柄を真似てコピーするのではなく、いつか僕がredjuiceさんの作品を見てわき起こった感情(長すぎるので割愛しますが)を、僕の絵を見た人にも抱いてもらいたいという憧れの方です。綺麗と可愛いは同居できるのですね……僕はまだまだ修行が足りません(笑)。

── 今後の活動予定や目標を教えてください
 2Dイラストの仕事は続けながら、3Dモデリングの勉強中です。
 正直、大変苦戦しております。現在は全く仕事にできるスキルではない為、趣味を全開にしたモデリングや動画制作をし、楽しく学んでまず続けられることを第一に心がけていますが、これは絵を描かない人の方が素直に入っていけるのだろうな……というくらい、僕が2Dで身に付けた知識は役に立ちません(笑)。
 今までの知識を生かせたのはテクスチャを描くのに苦労しない程度でしょうか……。
 ただ、自分一人だけで絵を描いて長編アニメを作るとなると時間がどれだけあっても足りませんが、3Dは一度モデリングしてしまえば、言葉通りの個人制作で長編アニメを作ることもできます。
 その過程で仕事にできるスキルが身に付けば幸いですし、そうならなくても僕は自分の描きたい世界がかなりはっきりしているので、形にできる技術を手に入れることが目標です。
 仕事に関しては、ご当地キャラの産みの親をこれからも続けていきたいという想いが強くあります。
 仕事の中でもご当地キャラの制作はとても人様にお役に立てたという経験が多かったので……自分の絵で誰かが喜ぶ顔というのは、何度見ても嬉しいものですね。

── 最後に、読者へ向けて一言お願いします
 どんなことでも良いので、ご感想を頂ければ幸いです。
 とくに顔立ちをいかに幼く描けるかについては毎日が勉強であり研究の日々です。
 「ここもっとこうしたら良いんじゃない?」なんて意見を頂いた日には泣いて喜びます。
 ここまでお読み頂き、ありがとうございました。


魅上満さんの作品が掲載されている『月刊群雛』2015年11月号は、下記のリンク先からお求め下さい。誌面は縦書きです。