更新日:2016年2月13日

きうり『超能力カメラマン内木2』〈群雛文庫〉

きうり『超能力カメラマン内木2』〈群雛文庫〉
BCCKS紙版
BCCKS電子版
楽天Kobo
BOOK☆WALKER
Kindleストア
iBooks Store
Reader Store
ブックパス
BookLive!
Kinoppy
eBookJapan
honto

予言写真の現場を探し奔走する二人。惨劇の未来は変えられる! サスペンス&ミステリー小説シリーズ第2巻!



超能力カメラマン内木2


 農協で広報を担当している内木は、特殊能力の持ち主。ときどき、被写体の未来を写してしまうのだ。しかも写るのは事故や災害ばかり。運命に翻弄される男とその活躍を描く、サスペンス&ミステリー小説シリーズ第2巻。

第3話 奥羽根本線 新町踏切
 今回、内木が撮影してしまったのは鉄道事故だった。高校生たちの乗った電車が脱線する──。その未来を回避すべくあらゆる手段を考えるが、ことごとく失敗。ついに内木は強硬手段に出る。果たして、彼は脱線事故を止めることができるのか? そして事故の本当の原因はなんなのか?
(初出:『月刊群雛』2015年09月号

第4話 ひまわり
 今回、彼が撮影してしまったのは交通事故だった。夏のひまわり迷路で、幼稚園児が車に撥ねられる──。しかし状況は最悪で、その場所も被害者も特定できない。時間も迫る。そんな中、事故を阻止すべく同僚の早香が動き出した。内木と早香は事故を止めることができるのか?
(初出:『月刊群雛』2015年11月号

表紙イラスト:
バカエル(『月刊群雛』2015年03月号表紙イラスト担当)



≪ サンプル ≫





≪ 著者情報 ≫


きうり
きうり

1980年山形県生まれ、同県在住。自称小説家。14歳頃から小説の創作を始め、同人活動等を経て今に至る。電子書籍で『イタコに首ったけ!』『光速文芸部』などの自己出版本を販売しているほか、事故災害のルポ等も無料公開中。『月刊群雛』には2014年4月号より参加、短編小説を不定期に掲載している。主なシリーズ作品は「超能力カメラマン内木」「九院高校文芸部」など。

ブログ『文藝yaminave』
http://yaminave.blogspot.jp/




≪ 書誌情報 ≫

書名:
超能力カメラマン内木2
著者:
きうり
表紙イラスト:
バカエル
表紙デザイン:
0.9Gravitation
ジャンル:
小説・文芸(ミステリー&サスペンス)
小売希望価格:
オンデマンド印刷版 840円(税・送料別)
電子版 200円(税別)
体裁:
電子版 EPUB(リフロー形式)およびBCCKS独自形式
オンデマンド印刷版 文庫(W105×H148mm)/64ページ
発売日:
2016年2月15日



週間人気記事

人気記事(全期間)