更新日:2016年2月13日

波野發作『オルガニゼイションⅣ』〈群雛文庫〉

波野發作『オルガニゼイションⅣ』〈群雛文庫〉
BCCKS紙版
BCCKS電子版
楽天Kobo
BOOK☆WALKER
Kindleストア
iBooks Store
Reader Store
ブックパス
BookLive!
Kinoppy
eBookJapan
honto

「もう少し、今のままでいられたら」「もう一度、やり直せたらいいのに」……そんな願いが、まさか実現するなんて! 感動? の最終巻!



オルガニゼイションⅣ


第7話 黄昏の街
 河川敷のベンチで美しい夕焼けを眺めながらミドル・アースこと地球人高校生・中野大地は先輩ら(イークロン、アクィナス、ソロン)との「夏の遠征」を思い出す。アント王子に騙されて連れ出された遥か遠く銀河の果ての戦場。新兵訓練からの突然の実戦配備、そして開戦。〈機械化騎士〉のエキサイティングなコンバット。暴走する黒い悪魔〈鋼鉄の羊〉。絶体絶命のピンチからの起死回生で九死に一生を得た日々。努力と友情と勝利。そんな戦いに明け暮れた夏休みをしんみりと回想していた。年が明ければ先輩たちは受験生になる。大地は一人取り残された感じがしてならなかった。もう少しだけ、このメンバーで過ごせないだろうか。大地は祈った。時よ、止まれ。と。そして願いは叶えられた。青春は、永遠だ。ていうか、ちょっと、どうすんのコレ。
(初出:『月刊群雛』2015年11月号

第8話 彼女の祈りとハートブレイク・ワールドエンド
 知らず知らずのうちに繰り返され積み重なる無数の次元。多重量子は臨界間近で宇宙滅亡も遠くない危険領域だ。ティムティキの落とした〈リセットボタン〉を誰が拾ったのか。紅葉商店のメンバーは試行錯誤の末、ようやくある人物にターゲットを絞り込んだ。問題はどうやってタイムリープを止めるかだ。限られたリソースと情報を組み合わせ、秋葉先生が導き出した解答とは? スラップスティック・SFコメディシリーズもいよいよ最終回だ!
(初出:『月刊群雛』2015年12月号

表紙イラスト:
ソメイヨシノ(『月刊群雛』2014年02月号表紙イラスト担当)



≪ サンプル ≫





≪ 著者情報 ≫

波野發作(なみの・はっさく)
波野發作(なみの・はっさく)

1971年生まれ。東京都中野区生まれ、長野県山間部育ち。横浜市、鎌倉市、松本市、千葉県を転々とし、現在は東京都江戸川区在住。身長171センチメートル。双子座。O型。好きなもの:横浜FC、Apple、ホンダ、ゼロ戦、橋梁。趣味:読書。好きな作家:椎名誠、筒井康隆、清水義範、隆慶一郎、田中芳樹、西原理恵子、押切蓮介、ジェフリー・アーチャー、アイザック・アシモフ、ジェイムス・ジョイス。職業:兼業作家、ワンマン出版社、電子書籍表紙職人、SideBooks普及推進委員、印刷営業士、あるいは編集者としても活動中。


公式サイト『NAMINO_WORKS』
http://naminow.com/




≪ 書誌情報 ≫

書名:
オルガニゼイションⅣ
著者:
波野發作
表紙イラスト:
ソメイヨシノ
表紙デザイン:
0.9Gravitation
ジャンル:
小説・SF(コメディ)
小売希望価格:
オンデマンド印刷版 840円(税・送料別)
電子版 200円(税別)
体裁:
電子版 EPUB(リフロー形式)およびBCCKS独自形式
オンデマンド印刷版 文庫(W105×H148mm)/96ページ
発売日:
2016年2月15日





週間人気記事

人気記事(全期間)