更新日:2016年3月7日

淡波亮作さんの小説『俺は宇宙人』が『月刊群雛』2016年03月号に掲載! ── 作品概要・サンプルなど

『月刊群雛』2016年03月号

『月刊群雛』2016年03月号には、淡波亮作さんの小説『俺は宇宙人』が掲載されています。これはどんな作品なんでしょうか? 作品概要・サンプルなどをご覧ください。



縦書きで読む



※サンプルEPUBはBCCKSの詳細ページでダウンロードできます。



横書きで読む


作品概要


 懐かしい顔が訪ねてきた。そして彼は、「俺は宇宙人だ」と言う。そして、「お前は覚えていないのか?」と。
 俺は、思い出した。妻と別れなければならない日がやって来る。そして──。

── 最愛の妻との別れの日が……しかし!

俺は宇宙人


 小学校の卒業アルバムを小脇に抱えたその男を、妻は疑うこともなくリビングに招き入れていた。妻にはそういう無防備なところがある。
「だって、卒業アルバムを持ってたんだもん──」
 妻は、眉を八の字にして笑う。ペロッと舌を出した愛らしい笑顔に、怒る気も失せた俺は妻の頭をするりと撫でながら言う。
「でもさ、もしそいつが強盗とかテロリストだったらどうするんだよ。今どき、卒アルの偽物なんて簡単に作れるだろ」
 だが、開けっぱなしの扉の隙間から見えたその男の笑顔に、俺はすぐに警戒心を解いていた。はっきりと思い出したわけではない。だが、知っている笑顔だ。よく、知っている笑顔だ。途端に懐かしさがこみ上げてくる。俺は、謎かけをするように無言で差し出されたアルバムを繰った。ああ、俺だ。俺が載っている。そして、今と同じ笑顔を浮かべる男が、俺の隣に写っていた。
 妻が紅茶を淹れに席を立った。写真を指差して笑う俺に、唐突に男は言った。
「俺、宇宙人なんだ」
「え?」
 そんなあだ名だったかと思い出そうとしても、だめだ。一緒に遊びまわった記憶はあるが、その頃の具体的な出来事や映像を思い浮かべようとしても、何も出てこなかった。

「なんだ……やっぱり、お前も覚えていないのか」
 一瞬、悲しそうな表情を浮かべて、男は話し始めた。もうすぐ約束の日が来る。その日のため、パニックにならないように級友を訪ね歩いているのだと言う。何の話だ? 眉をひそめる俺に、男は続ける。準備が整いつつあるのだ、俺たちの星からとうとう母艦がやって来て、信号が送られるのだ、世界中を覆い尽くす信号が擬態を解き、俺たちは真の姿にようやく戻れるのだ、と。
「ちょっと待て、何を言ってんだ。アタマ……あ、そうか、アニメでも作ってて、その宣伝か?」
「田中──」男は顔を曇らせる。「思い出せ、お前も同じアレハン星人じゃないか!」
 男は少しだけ語気を荒げる。あまりにも長い歳月が流れ過ぎてしまった、皆、忘れている、同化政策が完璧すぎたのだ。アイデンティティを取り戻せ、俺たちはこんな野蛮で低俗な地球人類とは違うじゃないか! 男はテーブルを叩き、握った拳を振るわせた。
「ロドンハレア・トルベロ・ガガ!」

※サンプルはここまでです。


作品情報&著者情報


淡波亮作(あわなみ・りょうさく)
淡波亮作(あわなみ・りょうさく)

──自己紹介:
 淡波亮作(あわなみ・りょうさく)です。これは現実に起こり得るかもしれない、と信じたくなるSFやファンタジーなどの空想物語を中心に書いています。読み口は軽く、でも、後で心のどこかに何かが居座ってしまう──そんな物語を生み出していきたいと思っています。

── この作品を制作したきっかけ:
 昨年、星新一賞への応募(思いっきり落ちました!)をきっかけに、短いものを書くことが楽しくなっていました。練習のためもあって何作かショートショートを書いたうちの一作で、自分としては最も出来が良いかな(クェイル賞に応募した作品より!)と思っています。

── この作品の制作にあたって影響を受けた作家や作品を教えてください
 星新一(ほし・しんいち)さん!
 最近は読んでいないので具体的な作品名は浮かびませんが。

── この作品のターゲットはどんな人ですか
 ショートショート好き、ラノベ好き、SF好き、漫画好き、文芸好き。全ての文字好きに!

── この作品の制作にはどれくらい時間がかかりましたか
 一日。見直しにもう半日、くらいでしょうか。

── 作品の宣伝はどのような手段を用いていますか
 Twitterを中心に、自分のブログ「淡波ログ」でも多層的に情報を配信して作品への興味に繋げるように考えています。電子書籍に普段興味がなかったり関わりがない層を取り込むために、絵や歌やCGや、いろいろと間口を広げています。でも、本を読んで貰うって、なかなか難しいです。

── 作品を制作する上で困っていることは何ですか
 忙しくても疲れていても、頑張れば書けるのですが、そういう時に書いたものはやっぱり整理されていなくて、結局後で時間を食ったりします。でも、そうやって書かないと時間を作る方法がないので、いつも脳ミソがぐちゃぐちゃになりそうです。

── 注目している作家またはお気に入り作品を教えてください
 波野發作著『ストラタジェム』の続きを早く読みたいですね!

── 今後の活動予定や目標を教えてください
 「淡波ログ」で連載中の『ルルルとリリリ』は暖かくなるまで続きます。その次は少し間を空けて、このシリーズ(『とっても小さな九つの国』)の三作目、『やさしい北の魔女とわがままな南の王様』の連載を開始する予定です。

── 最後に、読者へ向けて一言お願いします
 いつも応援ありがとうございます! ブログは可能な限り毎日投稿を継続します。週に一度は詩を掲載していますので、こちらにも是非、お越しくださいね!

◆ブログ:『淡波ログ』
http://awa.newday-newlife.com/blog/

淡波亮作さんの作品が掲載されている『月刊群雛』2016年03月号は、下記のリンク先からお求め下さい。誌面は縦書きです。


週間人気記事

人気記事(全期間)