青海玻洞瑠鯉『Newton』作品情報&著者情報(『月刊群雛』2016年06月号掲載)


『月刊群雛』2016年06月号

『月刊群雛』2016年06月号には、青海玻洞瑠鯉さんの詩『Newton』が掲載されています。これはどんな作品なんでしょうか? 作品概要・サンプル・著者情報などをご覧ください。




縦書きで読む



※サンプルEPUBはBCCKSの詳細ページでダウンロードできます。



横書きで読む


作品概要


 某理系ミステリィ作家の文章が面白くて、登場するキャラクタの思考に近づきたくて、最近、また理科学(物理、化学、生物、数学)を勉強しています。


── 理系という文学。

Newton


詩一つ『位相幾何学 トポロジィ』

ドーナツを放り込んで、ガリガリ食べる。
陶器でできたドーナツを。

信じられないくらいの、デルタ装置。

死んでいるのではなく、
生きているという、
錯覚。

ひとつの空洞に、ひとつの輪。

クラインの壺とメビウスの輪。

ね、どこまでも永久に変わらない。
そこの中を、
ずっと行き来する、
私たちと、
表裏のない、
無限の錯覚を
維持する装置と、
人間の真実を。


そして、これも、私なのだと、
錯覚して、トポロジィの中を
無限に歩く、一つの私という中身と。

※サンプルはここまでです。


作品情報&著者情報


青海玻洞瑠鯉(せいかいはどう・るり)
青海玻洞瑠鯉(せいかいはどう・るり)

── まず簡単に自己紹介をお願いします
 某女子大学の学生。京都にいます。「詩人」が基本スタンスですが、短歌や俳句も作れます。

── この作品を制作したきっかけを教えてください
 森博嗣もりひろし氏の作品に出会い、理系にチャレンジしようと思ったので。

── この作品のターゲットはどんな人ですか
 理系、文系問わず。

── この作品の制作にはどれくらい時間がかかりましたか
 ものの一時間ぐらい。

── 作品の宣伝はどのような手段を用いていますか
 おもに、ツイッター連携のBotを使っています。そのうえで、拡散アカウントをフォローして、広げています。アメーバのブログやフェイスブック、タンブラーも。

── 作品を制作する上で困っていることは何ですか
 本棚が必要になってきました。

── 注目している作家またはお気に入り作品を教えてください
 森博嗣氏は新書も書いていらっしゃるのですが、『孤独の価値』は好きです。また、フォトエッセイの『議論の余地しかない』、『君の夢 僕の思考』は何度も読み返しています。『的を射る言葉』も面白いです。是非、ご一読ください。

── 今後の活動予定や目標を教えてください
 就活頑張ります。

── 最後に、読者へ向けて一言お願いします
 ご一読ありがとうございました。
 また今度、です。

青海玻洞瑠鯉さんの作品が掲載されている『月刊群雛』2016年06月号は、下記のリンク先からお求め下さい。誌面は縦書きです。