和良拓馬『30年後へ「逃げ残り」』〈群雛NovelJam〉


和良拓馬『30年後へ「逃げ残り」』〈群雛NovelJam〉
BCCKS電子版Kindleストア楽天KoboBOOK☆WALKERReader StoreブックパスBookLive!iBooks StoreKinoppyeBookJapanhonto

ギャンブルは「勝ち負け」だけじゃない――。賭け事とは無縁の父の遺品から見つかった一枚の馬券。謎を追う娘がたどり着いた、父の意外な真実とは。一頭の「逃げ馬」がつないだ、父娘の絆の物語。



30年後へ「逃げ残り」

父娘をつなぐ1枚の馬券。「勝ち負け」の外に、広がる世界がある

2012年10月28日、府中市・東京競馬場。そこには驚きの「大逃げ」を打つ競走馬と、その一頭に思いを託す一人の男がいた――。

ひょんなことから、その時の手帳を見つけた彼の娘は、ギャンブルとは無縁のはずの父の肖像を探し始める。謎の延長線上に浮かんだ老人から聞いた、驚きの真実とは……?





≪ サンプル ≫





≪ 途中成果物(CC BY-NC-SA 4.0) ≫

チェックポイント1(プロット)


チェックポイント2(初稿)


チェックポイント3(初稿戻し)


チェックポイント4(二稿)


チェックポイント2と4の差分


チェックポイント5(二稿戻し)




≪ 書誌情報 ≫

書名:
30年後へ「逃げ残り」
著者:
和良拓馬
編集者:
澁野義一
アートディレクター:
松野美穂
デザイン:
kasuga
ジャンル:
小説
小売希望価格:
電子版 200円(税別)
体裁:
電子版 EPUB(リフロー形式)およびBCCKS独自形式
発売日:
2017年2月5日


NovelJam公式サイト